一般社団法人みらいアスリート協会(体育の家庭教師スポーツマジック)

かけっこ教室・体育の家庭教師 スポーツマジック|一般社団法人 みらいアスリート協会

news

熱中症対策について

投稿日:

お世話になっております。
猛暑の中、いかがお過ごしでしょうか。

連日のように熱中症で搬送されるニュースが絶えませんが、スポーツマジックとしての熱中症対策や個人でできる熱中症対策を記載したいと思います。
【熱中症とは】
暑い環境や体温が下がりにくい環境で起こる、体の異常のことをいいます。
主な原因は、体温が上昇して体温調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまうことです。体温が上昇した場合、人の体は適度な体温を維持するために、汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして熱を体外へと放出します。この機能が損なわれることで熱中症が生じます。

スポーツマジックの熱中症対策としては、
◆こまめな休息・水分補給・・・10~15分おきに休憩をいれて水分補給をしてもらいます。喉が渇いていなくとも飲んでもらうようにしています。※水分が体に吸収されるには15分ほど掛かると言われています。
水分補給は極力スポーツドリンクで!

◆水浴び・・・休憩の際にボトルを利用して水を掛けるようにしています。体温の上昇を抑えるため首裏、耳裏など効率よく冷やせる場所に水を掛けます。

◆日陰で練習実施・・・場所により制限はありますが、日陰を選んで練習を行います。日向に比べると体感温度もだいぶ違います。それでも気温・湿度が高いと熱中症リスクは高いので休憩と水分補給が最重要です。

個人の熱中症対策としては、
◆スポーツドリンクの用意・・・2時間以内の練習ではお水でも大丈夫ですが栄養補給や塩分調整も考慮するとスポーツドリンクが最適です。体の不調要因として塩分不足も挙げられますので、効率よく吸収できるスポーツドリンクをぜひご用意ください。※最低でも500mlのものをご用意ください。

◆熱中症対策アイテム・・・帽子、冷却パック、塩タブレット、サングラスなど。現在は対策グッズが豊富ですので最適なアイテムを選んでご用意ください。頭や皮膚が露出していると体温は上がりやすくなります。体の塩分不足は浸透圧が低下して、体のコントロールがしにくくなります。塩タブレットなど塩分補給も忘れずに。

-news

Copyright© かけっこ教室・体育の家庭教師 スポーツマジック|一般社団法人 みらいアスリート協会 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.